エバーロイの精密加工

放電加工

放電加工 イメージ

超硬合金だけでなく様々な金属に対応できます。
形彫り放電加工機(EDM)、ワイヤー放電加工機(WEDM)により様々な形状品に対応可能で、現在の加工技術でなくてはならないものとなっています。

■形彫り放電加工とは
油の中に被加工物と電極とを近づけ、両方に電圧を加えると放電が発生し、この熱によって被加工物を溶かし、電極の形状に彫り込むことを放電加工といいその機械を放電加工機といいます。
電極は主に銅タングステンを使用いたします。

■ワイヤー放電加工とは
油の中に被加物をセットし黄銅製(又はタングステン製)のワイヤーと被加工物の間で放電させ、テーブルを移動させワイヤーで切断します。
加工物は設定数値通り輪郭形状を作ることができ、加工精度が良く無人加工が可能です。

精密加工に関するご相談はお気軽にお問合せください。
材種・形状に合わせた加工をご提案させていただきます。

pagetop