produced by 株式会社共立合金製作所 / エバーロイ商事株式会社

English Chinese

お電話からのお見積もり・お問い合わせ

0798-26-3606

技術情報・技術コラム

超硬合金とは?特徴や種類について解説!

超硬合金とは

超硬合金とは、硬質の金属炭化物と鉄系金属で構成される合金のことを言います。
超硬合金の最も代表的な組成は、WC-Co合金になります。超硬合金は、レアメタルと呼ばれるWCとCoの粉末を混ぜ合わせ約1400℃の高温で焼結することにより、ダイヤモンドに次ぐ硬さと高い弾性率を発揮します。このような高い硬度、弾性率により、超硬合金は、耐摩耗性を要求される加工工具やプレス金型に使用されます。

超硬合金の特徴

超硬合金は、加工工具やプレス金型に使用されると上でお伝えしました。
加工工具に用いられる材質に超硬合金のほかに、ハイス(高速度工具鋼)があります。
以下でハイスと比較した、超硬合金の特徴について説明します。
超硬合金は、ハイスに比較して硬度、弾性係数、圧縮強度、熱伝導率、比重が高く、熱膨張率が小さい特徴を有します。
一方で、超硬合金の衝撃強度や破壊靭性は、ハイスと比較して低くなります。
しかし、上述のような超硬合金の特徴は一様ではありません。超硬合金は、粉末冶金法により製作する為、材料選定の組み合せにより様々な特性の合金を作ることが可能です。
そのため、ワークに特性に合わせた工具の製作をすることが可能です。

超硬合金の硬さはダイヤモンドの次、重さは金と同じ

超硬合金とは、きわめて硬い金属。
鉄やステンレスよりも硬く、ダイヤモンドに次ぐ硬さを誇っています。
また、重さは鉄の2倍もあり、金とほぼ同じです。
硬いだけでなく、強度や弾性にも優れ、高温時の硬度低下が少なく、磨耗しにくいことから、
金属の加工工具や金型などに使われます。

硬さはダイヤモンドの次、重さは金と同じ

タングステンカーバイド+コバルト

超硬合金は文字通り合金。
天然の金属ではなく、人工的につくる金属です。
材料はタングステンカーバイド(WC)とコバルト(Co)。
タングステンカーバイドは融点が高いため(2900℃)、鉄のように溶かしてつくることができません。
このため、粉末にして1300℃~1500℃の高温で焼き固めるという方法で製造します。
その際の結合材としてコバルトを使います。

タングステンは大半が中国、他にはロシア、韓国。
コバルトはフィンランド、カナダ、オーストラリア、コンゴから鉱石として採れます。

タングステンカーバイド+コバルト

幅広い用途で社会に貢献

幅広い用途で社会に貢献

超硬合金はその硬さや強さを活かして、ドリル、フライス、旋盤など金属加工用の切削工具に使われます。
また、缶コーヒーや缶ジュースなどアルミ缶の金型、自動車エンジン部品(焼結部品)用の粉末成形金型、他、最近では携帯電話など電子部品の金型などにも使われています。
さらに、シールド工法のトンネルなど硬い岩盤を砕いたり、
アスファルト道路の表面を切断する器具などにも使われます。
超硬合金はその優れた特性によって、工業、製造業、インフラ整備の公共事業など幅広い分野で活躍しています。

超硬合金の種類

超硬合金は、大別的には、切削用と耐摩耗用の超硬合金に分けられます。

切削用の超硬合金は、被加工材によりP種(鋼用)、M種(汎用)、K種(鋳鉄用)の3種に分けられます。

耐摩耗用の超硬合金は、結合相の種類、WC粒度、硬さにより細かく分類された種類があります。

当社では、超硬合金メーカーとして、顧客の多様な要求に対応する為、課題をピンポイントに絞った材種開発を行い多様な材種を取り揃えています。

当社の超硬合金の加工事例

超硬合金の素材選定、加工なら当社にお任せください

超硬素材・超硬加工 ソリューションナビを運営するエバーロイでは、数多くの超硬合金の選定及び加工を行ってきました。その中で、お客様がお持ちの様々な課題に対し、最適な素材を選定・加工することにより解決策を提案してきました。

当社では、目的とする用途に対して適正な超硬材の選定や、適正な加工を行う事が可能になりますので、超硬合金の使用でお困りの場合には是非、ご相談ください。

関連記事はこちら

超硬素材・超硬加工 ソリューションナビを運営するエバーロイは、
素材選定・開発~精密加工、完成品提供までの一貫したソリューション提供により、
皆さまの課題を解決します。

ご相談・お問い合わせ 技術資料ダウンロード 在庫 標準超硬プレート